読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安息の地

RPGツクールフェスで製作中のテキストや設定をメモする他雑感や絵を諸々。

誰が為の物語-イストリア-第一章備忘録

第一章スタート地点はリプカ港。

・フレイ一行、港へと足を踏み入れる。

・目の前にはルーガルーの少女、ミケがカエルと共に営む不思議な店があった。(ここでミケの取引システムを説明される。薬草10個とネズゥの尻尾10個をカエルに投げ入れる事で治癒のしずくが手に入るというものだ。各地によって必要な素材と手に入るアイテムは異なる。今後、彼女はフローガ村のような小さな拠点を除く街や村に現れ冒険の手助けをしてくれる事だろう)

・港に停泊している船の船長に話しかけルルティエの渡航を試みようとするが拒否される。諦めて戻ろうとすると謎の旅人が現れる。

・彼が交渉すると、船長は態度を一変させフレイ達の乗船を快く承諾してくれる。

・フレイが話しかけると船上へ移動。

・船上では船長と数人の船員、ユール、旅人、そして猫がいる。

・ユールに話しかけるとイベントが発生。「具合が悪い」と主張する彼女にヒールをするも調子がよくならない。そこに旅人が現れ、彼女の症状は「マナの性質が急激に変化した事によるものだ」と告げる。旅人はルルドと名乗り、二人に挨拶する。フレイはルルドの背後に獣のような人影がいる事に気づくが、はぐらかされる。シルヴァもルルドについては何か気になる事があるらしい。フレイが加護を受けていない人間だと告げると「その事はルルティエでは口にしない方がいい」と忠告をし、立ち去っていく。

・イベント終了後、船長に話かける事でルルティエへ行く事ができる。

・無事、ルルティエと辿り着いたフレイ一行。早速街へと向かおうとすると突然兵に囲まれる。「国家反逆罪として貴様らを逮捕する!」

タイトル 第一章「水の都と精霊王」

・突然の宣告に慌てるフレイとユール。二人の前にルルドが立つ。「ちょっと、彼らはオレの友人なんだけど。困るよ、ルクス」

ルルドが前に立つと兵士たちはわっと湧き立つ。「お戻りになられた!」「王子!」「王子!」訝しむようにルルドを見つめる二人に対し、ルルドは「ああ、オレここ…ルルティエの王子なんだよ。ルドルフ=ドルフィン=ルルティエール。略してルルド。どうぞよろしくね」

ルルドは兵士たちに「どうせ、弟の差し金だろう。さあ散った散った!」と声をかけ兵士たちは去っていく。「本当はもうちょっと内緒にしたかったんだけどなあ。…オレは城に行かないといけないから、ここで一旦お別れだ。二人はルルティエの精霊について調べているんだろう?それなら王立図書館に行くといい。きっと手がかりが見つかるよ」そう言って立ち去っていく。獣のような人影はこちらに対して頭を下げているようにも見える。ここから、街の中の探索が可能になる。

・王立図書館にてイベントが発生し、そのイベント終了後ルルティエール城(ダンジョン扱い)へと向かう事となる。ルルティエール城でゾーラ戦があり、彼女を撃退することで第一章の前半は終了する。

 

 

第一章前半・マップメモ

リプカ港(完成)

船上

ルルティエ・王都グランマーレ(通常/??)

ルルティエール城(ダンジョン/通常)