読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安息の地

RPGツクールフェスで製作中のテキストや設定をメモする他雑感や絵を諸々。

誰が為の物語-イストリア- 作中テキストメモ メインストーリー(3)

0-10 帰路にて(深き森)

フレイ:

……なんとか試練を無事に突破する事が

できたな。

 

ユール:

……そうだね!

 

フレイ:

(?

 ユールの奴…突然暗くなったな…

 何かあったのか…?)

 

(暗転)

 

フレイ:

ユール…

さっきから暗いけどどうしたんだ?

 

ユール:

… … …

フレイは…一人前として認められたら…

この村をでるんだよね?

 

フレイ:

!それは… …

 

ユール:

… …いいの。

そうだよね。ずっと昔から言ってたもの。

一人前になったら村をでるって…

 

ねえ、フレイ。

あなたが嫌じゃなかったら……

私も…… ・・・

 

(轟音)

 

シルヴァ:

『ボクの声聴こえてるよね二人とも…

 今の爆発音で気づいたと思うけど

 村が襲われてるみたいだ…!!』

 

フレイ:

やっぱり今の爆発音は村からだったのか!

 

ユール:

お兄ちゃん…皆…!!!

…急いで戻ろう!!

 

フレイ:

ああ!

無事でいてくれ皆…!!

 

0-11 襲撃(フローガ村)

フレイ:

……!!

 

ラルフ:

くっ…!!

 

謎の男:

いい加減、【豊穣の宝珠】の在処を吐いて

貰いたいんだがなァ……

 

ラルフ:

…貴様に言う必要はないッ!!

 

謎の男:

……!!!!

ふん!減らず口を…!!

 

ラルフ:

ぐっ…!!

 

謎の男:

…貴様が答えないのであれば村人全員

を問い詰めていけばいいだけの事…

 

…だが、まずは見せしめに貴様を亡き者

にしてくれよう!!

 

ユール:

そうはさせない!

 

謎の男:

なんだ?このガキ共は…

 

ユール:

(うそ…

 不意打ちしたのに防がれた!?)

 

フレイ:

ラルフ兄さん!!

 

謎の男:

ほう…貴様が【器】か。

 

ラルフ:

!!!ユール!!

フレイを連れて森まで逃げるんだ!!

 

謎の男:

余計なことを…!

貴様はそこで眠っていろ!!

 

ラルフ:

ぐはっ…!

 

ユール:

!!!

お兄ちゃん!!!

 

謎の男:

貴様も邪魔だ!小娘!!

 

ユール:

ううっ…!!

 

フレイ:

ユール!!!

 

謎の男:

邪魔者は排除した。

残るは貴様だけだ…観念してそいつを渡せ。

 

 

フレイ:

(いったい、どうすれば…!!)

 

シルヴァ:

『――フレイ!

 【豊穣の宝珠】を持って!!』

 

フレイ:

!?シルヴァ!?

 

シルヴァ:

『あいつを追い払うにはそれしかない!

 【宝珠】を持って強く念じるんだ!!

 ≪皆を護りたい≫と!!』

 

フレイ:

(よくわからないけどやる以外にこの場を

 切り抜ける術が思いつかない…!

 なら…)

 

…わかった!!

 

謎の男:

さっきから一人で何をブツブツと…

いいから【宝珠】を寄越せ!!

 

シルヴァ(豊穣の宝珠):

『――早く!!』

 

フレイ:

俺は…ユールを、ラルフ兄さんを…

この村の皆を≪護りたい≫!!

 

謎の男:

!?

 

フレイ:

【豊穣の宝珠】が……

ハンマーに!?

 

ナレーション:

フレイは『地天之鎚・壊』を覚えた!!

 

フレイは他の仲間と異なり、

今回のようにイベントで特別なスキルを

会得することがあります。

 

強力かつ有効なスキルですので、

積極的に使っていきましょう!

 

謎の男:

馬鹿な…

今すぐそれを寄越せ!!!!

 

シルヴァ:

『あの男から水の力を感じるんだ……

 間違いなくこの力で倒せるよ!!

 構えて!!』

 

フレイ:

ああ!!

 

0-12 撃退(フローガ村)

フレイ:

はあ…!!

 

謎の男:

…!!!

 

フレイ:

(手応えを感じた…!

 このまま押し切れる……!)

 

謎の男:

まさかここまでとはな…

 

――だが。

 

――遊びはここまでだ。

 

フレイ:

これは…雪!?

 

シルヴァ:

『!まさか…

 マズい……!!』

 

謎の声:

『――待て』

 

フレイ:

(頭の中に…声が!?)

 

謎の男:

……

 

謎の声:

『【人具】が使えることは想定外だが

 【器】が明らかになったのならそれで

 良い。――ここは一度退け』

 

謎の男:

……仰せのままに。

 

次会った時が貴様の最期になるだろう。

覚えておくがいい……

 

フレイ:

消えた…

追い払えたのか…?

 

シルヴァ:

『…』

 

フレイ:

そうだ!

ユールとラルフ兄さんを家の中に…!!

 

メインストーリー(4)に続く