読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安息の地

RPGツクールフェスで製作中のテキストや設定をメモする他雑感や絵を諸々。

誰が為の物語-イストリア- 作中テキストメモ 主人公の家

◆本棚
右>
フレイ:
これは俺の手帳だ。今日の日付に大きく
赤い丸、そして『試練の日』と殴り書き
されている。…

ユール;
『応援してるよ!ファイト!』
        …と大きく書かれている。

フレイ:
ユールの奴…
また勝手に人の手帳を見たな!


左>
フレイ:
「『フェニキス』大規模な火山帯と豊富な
資源を有する四大国のひとつ。この国の出
身者の多くは炎魔法を得意としている」

「……この国を治めるのは四天王の一角
であるフェニーチェ。彼が扱う不死鳥の炎
は水魔法でも絶やす事はできない」

フェニーチェ……
一体どんな人なんだろう?


◆机の上
>本
フレイ:
今日の試練について書かれた本だ。
一応目に通しておこう。どれ…

「成人の儀。フェニキスのあらゆる村で行
われている。内容は様々でこの試練を突破
した若者は『一人前』として認められる」

……頑張らないとな。

>水筒など
ユール:
「フレイへ 今日の試練に持っていっても
大丈夫な道具一式を用意しておきました。
絶対に持っていってね! ユールより」

ナレーション:
フレイは薬草×5と毒消し草×3を
手に入れた!

そして 手作り弁当を手に入れた!

フレイ:

ユール……

……ありがとう。


◆木の箱
ナレーション:
500Gを手に入れた!

フレイ:
無くしたと思っていた硬貨がこんなところ
に…なんか得した気分だな。

>もう一度調べる
フレイ:
……流石にもうないか。

◆窓
フレイ:
天気は快晴。
試練は問題なく行われるだろう。

◆薪
フレイ:
…薪の数は充分だ。
暫くはこれで暮らしていけるだろう。


◆水桶
フレイ:
昨日汲んできた水でいっぱいだ。

◆芋が入った箱
この土地特産のフエ芋。
俺はこれが大好きなんだ。